伝統の石窯パン

archive研修先紹介
categoryパン屋さん

パン屋さん紹介


こちらのパン屋さんの自慢は石窯パン!
まるでおとぎ話に出てくるようなこの石窯、場所を取る・温度の調節が難しく一度に種類の異なるパンを焼けないなどの理由から、実は現在では使っているパン屋さんはほとんどありません。
ドイツで石窯パンを焼きたいなら、こちらのパン屋さん以上のお店は見つからないでしょう!

他にも日々様々なパン・ケーキが作られています。
中でも注目すべきは、かの有名なバウムクーヘン(独:Baumkuchen)!
日本で『ドイツのケーキといえばこれ!』というほどの知名度を誇るバウムクーヘンですが、実はドイツではその存在を知らない人も多いんです。
バウムクーヘンは一層ごとに焼くので手間がかかり、生産している個人経営のパン屋さんはほとんどありません。
こちらのお店では通常とは違い、“平らな“バウムクーヘンを作っています。


マイスターとご家族はとても友好的で活気のある研修先です。
『日本の皆ウェルカムだよ!』とのこと。
店内にはとても居心地の良いカフェが併設されており、テラス席もあります。
木漏れ日の中で食べる自分で焼いた石窯パンはさぞおいしいことでしょう。

宿泊先

研修中の宿泊先は、マイスター宅のゲストルームです。

2階建ての一軒家。
部屋についているもの ベッド、たんす
住人 マイスター、奥様、お子様、マイスターのお父様

基本的に生活に必要なものは備えられています。
キッチン、バスルーム、洗濯機、洗濯乾燥機は共用です。
部屋は鍵が掛かりますので、ご安心ください。

地域

ザクセンの東端に位置するこの地域は、交通の便はよくありませんが非常にのどかで自然が美しい町です。
1200年代から存在する歴史ある地域で、バロック調の城や教会などが存在します。
チェコとの国境沿いに位置するので、週末や研修後にチェコやポーランドに遊びにいくことも可能です。
普段の生活から切り離されたかのような、ドイツの小さな町で過ごしてみませんか。

▲このページのTOPへ