2017/11/15

ドイツに散らばる2億2千万ユーロ!

こんにちは!

 

アイントリットです✨

 

今日は皆さんにビックリな情報をお届けします。

 

ドイツ人の多くは玄関に 靴箱 ・ 鏡 ・ 鍵入れ(鍵掛) そして 謎の小瓶や鉢 を置いています。

材質はガラス・金属・陶器と様々です。

 

靴箱から鍵入れまでは、ドイツ人以外にもその用途を理解できますよね。

 

しかし謎の小瓶や鉢…色んなドイツ人の友人の家に招かれた時、結構な頻度で目にするのでずっと気になっていたんです。

 

こういう日常のちょっとした疑問ってその場で質問できればいいんですが、基本的に友達といる時はおしゃべり中なので『話が途切れたら聞こう』と思ってそのうちに忘れてしまうんですよね😅

 

しかしある時、スタッフは遂に業を煮やしおしゃべりを断ち切って質問しました。

 

そして帰ってきた答えはー『あぁ、それ?小銭入れてるんだよ』。

 

確かに失礼してのぞき込んでみると1セントや2セント銅貨が数枚入っていました。

 

その時は『ふーん…小銭貯金かな?1セント2セントじゃ貯まらないでしょうに』と流していたのですが…実はこれ、思いもよらない理由があったんです。

 

MSN Deutschlandによると、ドイツ人が帰宅後すぐに小銭をポケットから出しておくのは純粋に『銅貨はその価値に比べて重すぎるから』なんだとか!!

 

何という合理的な考え方でしょう😂😂

 

重たくて価値の低い硬貨より、1,2€硬貨を持ち運んだ方が良い…。

 

彼らには10円玉くらいにしか銅を用いていない日本人には分からない苦労があるようです(笑)

 

実際に『1セント銅貨を42枚まとめれば、板チョコ1枚分の重さになる』とも言われています。

 

板チョコ1枚分という目安も、甘いもの大好きなドイツ人らしい表現ですよね!

 

私もドイツ人の夫と結婚して、自然とその習性を真似ていました。

 

郷に入っては郷に従え―海外生活をする上での私のモットーです。

 

しかしこのドイツ人たちのかわいらしい(か弱い?)銅貨貯金には思わぬ落とし穴がありました…

 

なんと、ドイツ人が銅貨を家にストックするせいでEU全体で銅貨不足が起こってしまっているのです!!!

えー!!ごめんなさい!!

 

ドイツ政府の発表によると、なんと2億2千万ユーロ分の銅貨がドイツの家庭の引き出しや小瓶に入っている筈だとか…😅

 

自国民の銅貨貯金が他国にこんなに大きな影響を及ぼすなんて、単一通貨を導入している共同体ならではの悩みですよね!

 

スタッフはこれを聞いて早速自宅の銅貨貯金から10枚取り出してお財布に入れました…(笑)

 

これからはお買い物でも面倒くさがらずにきっちり銅貨を使っていきます!!他のEU圏の人、ごめんなさい!!!🙏

 

こういう経験も、私はドイツならではといった感じで楽しいです!

 

皆様も是非、アイントリットプログラムを利用してドイツならではを体験しませんか?

 

アイントリットスタッフ一同、皆様からのお問い合わせ・お申し込みをお待ちしております!

▲このページのTOPへ