2017/04/20

渡独を迷っている方へ

こんにちは!

 

アイントリットです✨

 

今日は少しまじめな話をしようと思います。

 

お問い合わせ下さるお客様の中にはよく『自分なんかが海外で通用するか…』『一生に一度海外で生活してみたいんですが、どうも勇気がなくて…』とおっしゃる方がいらっしゃいます。

 

そんな方に留学・海外研修経験者のほぼ全員がいう言葉を贈ります!

 

案ずるより産むが易し!!?

考えすぎないで!

 

特に大学在学中や結婚前・子育て後で時間の融通が利くお客様には、兎に角やってみることをお勧めします。

 

それは何にしても言えることですが、始めなければ何をなすこともできません!

 

これまでアイントリットのプログラムで在独された方の中には、日本語以外は簡単な英会話しかできないというお客様もいらっしゃいました。

 

しかし彼らはドイツというこれまで生活してきた環境とは全く違った国に飛び込み、最初は四苦八苦しながらも見事適応し様々な学びを得て帰って行かれました。

 

また『ドイツ語は得意です!』と自信に満ち満ちて渡独されても、『私、発音がうまくできていなかったようで中々理解してもらえなくて…』と自己を振り返るきっかけになった方もいらっしゃいます。

 

この方は2週間という短い期間の中でしたが日本では気付かなかった自分の弱点に気付き、それを克服して帰って行かれました。?

 

『簡単に言うけど、そんなことできないよ!』『何かあったらどうするの?!』…ええ、ごもっともです!

 

失敗を恐れるのは当然のことです。

 

転ばぬ先の杖、そのために人間には先を予想する想像力が備わっています。

 

しかし想像力がマイナス方向にばかり行った結果、自らの可能性を潰してしまっては本末転倒。

可能性は無限大なのにもったいない!

 

お客様が安心してドイツに飛び込めるように、我々は存在します!

 

出発前にお客様それぞれにピッタリの研修先・滞在先を探すマッチングカウンセリングから滞在中のサポートまで、在独日本人スタッフが承りますのでご安心ください?

 

因みに私が初めて渡独した時もとあるエージェントさんを利用しましたが、滞在中に連絡を取ることは一切ありませんでした。

 

ドイツ語の知識は大学の講義(1セメスター)で得た基本中の基本のみ。あいさつ程度でした。

 

現地に来て初めて本物のドイツ語に触れ、初めて現地人の友人を作り、文化や常識の違いを体感しました。

 

そんな”ドイツ初心者”だった私でも、周りの友人に助けられながら日本人のエージェントさんに頼らずに生き抜けました!

為せば成る!!

それどころかドイツの文化や食事、ドイツ人の人柄が大好きになり、定住を決めたほどです?

 

『連絡を取らなかったのなら、エージェントを通す必要なかったんじゃない』?

 

私の場合、エージェントさんを通したのはあくまで”保険”でした。

 

もしも何かあったら助けてもらえる』そう思うだけで、まずは何でも自分でチャレンジすることができたのです。

 

私もドイツの素晴らしさを伝えたい!ドイツに来る日本人の方に、安心感を与えたい!

 

そういう思いで、この仕事をさせていただいています?

 

皆さんもぜひ、ドイツの素晴らしさを体感しませんか?

 

まずはお気軽にお問い合わせ下さい✨✨

▲このページのTOPへ