2017/09/20

ドイツの冬といえばシュトーレン!

こんにちは!

 

アイントリットです☆

 

9月も2週目に入りましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

スタッフは今からクリスマスを心待ちにしています!(*’▽’)

 

所で皆様は、ドイツの伝統的なお菓子・シュトーレン(独:Stolen)をご存知でしょうか?

 

パン生地にレーズンやマジパンを練り込んで焼き上げ粉砂糖をまぶしたもので、クリスマスシーズンによく食べられます。

 

暖かい部屋でシナモンのきいたグリューワインを飲みながらシュトーレンを頂く…寒いドイツの冬の、楽しみの一つです。

 

シュトーレンはドイツ人にとって、クリスマス=幸せの象徴のようなお菓子です。

 

そうした背景から需要があるので、クリスマス前はどのパン屋さんでもこぞってシュトーレンを焼きます。

 

『うちのシュトーレンで幸せなクリスマスを過ごしてほしい』…今まで出会ったベッカーマイスター(独:Baeckermeister, パン作りのマイスター)達は、みんなこの思いを共有していました。

 

シュトーレンは、マイスター達が一年で一番腕によりをかけて、また店の伝統と威信をかけて作る商品といえるでしょう。

 

皆さんも是非、弊社のプログラムを通してドイツで伝統のシュトーレンを学びませんか?

 

今からお申込みいただければ、まだシュトーレンのシーズンに間に合います!

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

▲このページのTOPへ