2017/06/22

ドイツが拠点である理由

こんにちは!

 

アイントリットです☆

 

今回は私共のお仕事の流れについて、お話しようと思います。

 

アイントリットの母体はFBC Business Consulting GmbH(http://fbc.de/)と申しまして、ドイツで25年間、欧州経済ニュースの発行・受託調査・貿易コンサルティングなど、日本企業様とドイツ企業様の橋渡しや日本企業様の欧州進出サポートを行っております。

 

その中の一部門として『経済だけではなく、日本とドイツの文化的な橋渡しもしたい!』という思いから、アイントリット(旧EUJP)は誕生しました。

 

この様な経緯から私共の拠点はドイツで、日本に支社はありません。

 

そのため、出国前のお客様との連絡手段はメールや電話・スカイプを用いることになります。

 

直接お会いできないことに不安を感じるお客様もいらっしゃるでしょう。

 

しかしドイツに拠点を置くからこそご提供できるものがあります。

 

それは、

  1. スタッフが独自に開拓した信頼できる受け入れ先
  2. 研修中の現地でのサポート
  3. 研修中のスムーズなコミュニケーション

です!

 

私共はドイツに根差した企業であるため、独自に開拓した受け入れ先を複数ご用意しております。

お客様からお問い合わせと履歴書等をいただいて数軒の受け入れ先を候補としてピックアップ、同時進行でお客様と直接スカイプやお電話でコンタクトを取り、スタッフミーティングでどの受け入れ先・どういったプランがおススメできるのかを話し合います。

 

こちらは勿論、お客様と受け入れ先の両方と密に連絡を取り合い調整しながら行っていきます。

 

そのためすべてが順調に進んでも3週間から1か月はお時間を頂いております。

 

しかし!現在ある受け入れ先が必ずしもお客様のご希望にマッチしているとは限りません。

 

その場合は、お問い合わせをいただいてから受け入れ先新規開拓していく事も多々あります。

 

当然、新規開拓ではなく現在ある受け入れ先を紹介した方が時間も労力も掛かかりません。

 

企業としての利益のみを追求するのであれば、無理やりにでも現在ある研修先を紹介するのが正解なのでしょう。

 

しかし、私共アイントリットが提供したいのは”お客様が満足できるドイツ文化体験””一般レベルでの文化交流”です。

ですので、我々の力の及ぶ限り最適な受け入れ先を用意させて頂きたいのです。

 

プログラムに参加されたお客様に『期待以上でした!』『ドイツがこれまで以上に好きになりました!』と言って頂けるのが何よりの喜びです。

 

皆様も是非、アイントリットのプログラムを通してドイツを体験しませんか?

 

スタッフ一同、皆様からのお問い合わせ・お申し込みをお待ちしております!

最近の小噺

▲このページのTOPへ