2017/10/18

もうすぐ冬時間に突入!

こんにちは!

 

アイントリットです☆

 

いよいよ秋も深まってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

日本にお住いの皆様にはなじみが薄いかもしれませんが、ドイツを含む欧州数か国ではサマータイム・ウィンタータイムというものを取り入れています。

 

規範とするのはグリニッジ標準時間(以下GMT)で、サマータイムはGMT+1、ウィンタータイムはGMT+2となっています。

 

その影響で日本とドイツの時差も夏時間中は7時間・冬時間中は8時間と変動しているのですね。

 

皆様もドイツ滞在中に日本の方と連絡を取られる際はこの時差のずれにご注意くださいね☆

 

因みにこのサマータイムウィンタータイムへの切り替えは、夜中の2時から3時の1時間で調整されます。

 

つまり…冬→夏時間への変更時は深夜1時から2時を飛ばして3時に、夏→冬時間への変更時は深夜3時になる瞬間2時へ時間を戻すことで調節されるのです!

 

サマータイム・ウィンタータイムの概念がない我々日本人には中々理解できませんよね。

 

スタッフも最初は(アナログの)腕時計の時間がずれているのに気が付かず、友人との待ち合わせの時間を間違ったことがありました…(;^^)

 

しかもこの時間が変更される日は毎年3月・10月の最終日曜日…つまり日付が毎変わってくるのです!

 

そのため、ドイツ人の中にも『あれ?え?昨日から夏(冬)時間だったの?!』なんてうっかりさんもちらほら…(笑)

 

パソコン・スマホや電波時計など、その基準をネットに依存しているデバイスは自動で変更される設定にもできますが、アナログ時計を利用している人はこの時期要注意です。

 

当日は日曜日ですので大した影響はないのですが、月曜日の目覚まし時計が鳴る時間を調整しておかないと寝坊の危険があります(笑)

 

こういったハプニングも、海外生活をしていなければ体験できないものです!

 

皆様も是非、アイントリットプログラムを通してドイツを体験しませんか?

 

まずはお気軽にお問い合わせください!

 

スタッフ一同、皆様からのお申し込みをお待ちしております☆

▲このページのTOPへ